AquaTimezが解散を発表したのでエモい名曲を5つ紹介する

こんにちは。

今日の朝Twitterをぼーっとみていたら、驚きのニュースが流れてきました。

そう、Aqua Timezの年内解散についてです。

ぼくはこのバンドが好き!とか、あのライブ行きたい!とかあまりならないタイプなんですが、Aqua timezだけはよく聞いていました。


今朝のぼくのツイート。

まあこの通りですね。Aqua timezはほんとよく聞きます。

でも当たり前ですが、バンドは解散しても曲は無くならないですよね?

ってことで、せっかくなのでぼくが思うAqua timezのエモい曲5つを紹介して行きたいと思います。

Aqua timezのエモい名曲5つ

・「プルメリア」

はい。王道。

ぼくはこの歌が一番好きですね。

でだしのいきなり入る「こーのゆーめがー」とか、リズム感とか、最高にかっこいい。

昔、ドラマ「ごくせん」の主題歌だった曲でもあります。

いまの子たちはごくせんとか知らないんだろうなー。まあぼくも何となく覚えてる程度ですが。笑

とりあえず、2番の終わりから最後にかけてが最高にエモいです。

「この歌がいつか流行の影にしおれていっても。」

表現がエモすぎますね。

あと、この歌は聞いてる時の主人公感がすごいです。

これはもしかしたらばくだけが感じてるのかもしれませんが、なんていうか。。。

自分が主人公だと思える曲です。笑

とりあえず、聞いたことない方は聞きましょう。聞いたことある方も聞きましょう。

・「決意の朝に」

これも王道。

むかしブレイブストーリーという、アニメ映画の主題歌だった曲です。

ブレイブストーリーは少年が異世界を旅するやつなんですが、当時めちゃくちゃわくわくしました。

ワニ人間の「キキーマ」とか、猫人間とか、ミツルとか、なつかしい。

映画の影響もあるんでしょうが、歌自体もすごく素敵です。

サビの部分は一度聞いたら忘れられませんね。

この歌は今でもカラオケでよく歌われるんで、みんな聞いたことあると思います。

ブレイブストーリー、久しぶりに見たいな。。。

・「12月のひまわり」

出だしの音楽、歌詞ともにエモい。

オーケストラのような前奏から、「学校の裏庭に咲くひまわりのタネをかじったなつをー」。

エモすぎる。笑

独特な世界観がおもしろい曲です。

まず、12月のひまわりって名前で「お?」ってなりますよね。

ひまわりって夏に咲くやつなのに、12月ってなんや。ってなります。

でも、歌を聞いてれば、ちゃんと最後の方にでてきます。

とりあえあず、聞きましょう。

・「ALONES」

これは疲れたりいやなことがあった時に聞いて欲しい曲。

「君は少し青すぎる空に疲れただけさ。」

ほんと、表現がエモい。

アニメ、「ブリーチ」の主題歌だったらしいですね。

ブリーチはあまりみていなかったので、主題歌だと知ったのは割と最近です。笑

なんていうか、曲全体に伸び感があって気持ちいいですね。

歌詞も一つ一つが名言にできるレベル。

あと、最後の部分に入る前の前奏が少し長いんですが、今までの曲調と違うメロディで面白いです。

・「つぼみ」

これは他の曲に比べたら割と最近かな?

人をつぼみににたとえて歌っています。

サビじゃない、普通の部分のメロディとか結構好きです。

なんて言えばいいんだろう。。

とりあえず、1番だけでも聞いてもらえればわかると思います。

あと、細かいんですが「芽」が「目」に変わるところとかもいいですね。エモい。

まとめ。

とりあえずAqua TImezは、でだしがずるい。一気に掴みにくる。

あとメロディとか歌詞とかが総じてエモいんですよ。

ほんと名曲ばかりで、何を紹介しようか迷いました。

まあ完全ににわかのぼくが独断と偏見で選びましたが、ふだんバンドにはまらない人がハマる曲なので聞いてみてください。

「千の夜をこえて」とかも最高にエモいですね。

それと改めてわかったけど、ドラマとかアニメとかの主題歌多すぎ!

ここで紹介したのもほとんど主題歌だったんですね。

まあ、今年中で解散しちゃうけど歌はいつでも聞けるので、これからも聞いて行きましょう。

「流行の影にしおれていっても」聞き続けよう。笑

では!

コメント