渋谷駅で埼京線ホームに向かう途中の動く歩道が廃止【理由・現在の状況】

こんにちは。

皆さんは渋谷駅にだいぶ昔からあった、埼京線ホームへ向かう途中にある動く歩道をご存知でしょうか。

埼京線・湘南新宿ラインのホームは中央改札から少し離れてるので、この歩く歩道にお世話になった人も多いでしょう。

こないだその近くを通ったとき、なにやらいつもと違う感じがしました。


2018年4月22日現在の状況です。だいぶ違いますね。

っていうか囲い作られてるし、修理でもしてるのかな?

と思っていたら、近くで衝撃的な張り紙を発見しました。

動く歩道廃止の張り紙

なんと、こんな張り紙が貼られていました。

4月22日(日)より動く歩道を廃止いたしました。

まじか。

ずっと前からお世話になっていたこの動く歩道が、事前になんのお知らせもなく、廃止されてしまいました。

動く歩道マニアの方ならわかると思いますが、埼京線ホームへの動く歩道は他とは一味違います。

あの絶妙な少し沈む感じ。独特の踏みごこち。

あれがもう楽しめないというのです。

改修とかじゃないの?と思いましたが、近くを探しても、貼ってあったのは上の廃止のお知らせのみ。

しかも、いつまで囲いがあるなどの情報も書いてありませんでした。

なぜ急に廃止?

なぜ急に廃止したのか、気になったので調べてみました。


廃止の事前のお知らせなどは見つからなかったんですが、どうやらJRは2020年までに埼京線のホームを山手線と同じところにするようです。

2020年ってことは、オリンピックに向けて進める感じですね。

ってことは、今回の動く歩道廃止もこれに関係しているってことですかね。

それにしても移動は2年先だし、早すぎない?

それとも動く歩道が古すぎたからとか別の理由があるのかな?

なにか知ってる方いたら教えてください!

まとめ。

あそこの動く歩道がなくなったのはほんと衝撃的でした。

あの踏みごこちはもう楽しめないのか。。。

まあ遠かった埼京線のホームが山手線と同じ位置にくるなら便利ですね。

でもしばらくは遠いままなので、湘南新宿ライン、埼京線を使うときはめんどくさいですね。

そういえばあそこの先に本屋?もあったけど、あれもつぶれちゃうのかな?

やっぱり古いものを新しくするには、懐かしいものがなくなる寂しさがありますね。

でもそこで懐かしんでいたら時間かかるし、疲れるので結局一気にやるのが一番いいんでしょうね。

では!

コメント