Unity 2D Game Kitやってみた[日本語訳1-5]

こんにちは。

前回に引き続き、やっていきたいと思います。

基本的にキリのいいところで区切ってるので、区切りは適当です。

公式のチュートリアルを見ながらやった方が、さらに捗ります。

Unity 2D GameKit 公式チュートリアル

まあ一周はするつもりなので、頑張ります!

Adding a Moving Platform[1-5]

シーンビューでGameObjectsを操作する前に、ペイントモードになっていないことを確認してください。タイルパレットを閉じるか、エディタの左上にある移動ツールを選択します(キーボードのWキーを押して移動ツールを選択することもできます)。

それでは、動くプラットフォームをレベルに追加しましょう!

・Projectウィンドウに移動する

・Prefabs→Interactablesへ

・MovingPlatformを右クリックしてシーンビューにドラッグ

・HierarchyウィンドウでMovingPlatformが選択されていることを確認してください

・Wキーを押して移動ツールを使用する


動くプラットフォームの移動ツールを使用して、このレベルのどこにでも配置できます。

動くプラットフォームを選択すると、赤い点線が表示され、最後に移動ツールのギズモが表示されます(赤い矢印)。 これは、ゲームがプレイされているときにプラットフォームが取る経路を示します。

赤い点線の末尾にある移動ツールギズモを使用して、プラットフォームに使用するパスを指定します。

動くプラットフォームが使用するパスを確認するには、動くプラットフォームを選択して次の手順を実行します。

・Inspectorに移動する

・Moving Platformコンポーネントで、previw positionのスライダーを見つけます

・クリックしてドラッグすると、MovingPlatformがどこに移動するか、確認できます。

正方形でループすることで、このプラットフォームのパスを少し複雑にしましょう。 ノードを追加することでこれを行います。ノードは、Moving Platformコンポーネントの追加ナビゲーションポイントです。


・Inspectorで、Moving PlatformコンポーネントのAdd Nodeを2回クリックします。

これにより、さらに2つの赤い点線とギズモが追加されます。 ギズモを使用して、追加したノードを正方形に配置します。

しかし、最後のノードから最初に戻るパスがないことがわかります。 今すぐPlayを押すと、最後のポイントで停止し、パス上を後ろに戻り、再び開始します。

platformの設定を変更してループを形成することができます。

・動くプラットフォームコンポーネントでループオプションを見つけます

・BACK_FORTHというドロップダウンをクリックします(Add Nodeの二つ上)

・loopを選択

これによってギズモにループを作成し、platformがループ上に動きます。

注:完全にループを確認するには、「Play」を押す必要があります。

2D Game Kitに含まれているすべてのコンポーネントには、動作方法をカスタマイズするための多くのオプションがあります。 すべての、動くプラットフォームコンポーネントのオプションについては、「Components Documentation」の「Moving Platform」セクションを参照してください。

コメント