文字数と内容ってどっちの方が重要なのか考えてみる


こんにちは。

こないだふと思ったのが、文字数と内容の関係。

ブログを書き始めた方から、「大体何文字くらい目安にしてますかー?」と聞かれましたが、ぶっちゃけ僕は適当です。

とはいえブログを書いているとこの辺は結構気になりますね。

どういった文章が検索結果に表示されやすいのか。

文字数は?内容は?とか、気になると思います。

ぼくも聞かれてみて、初めて考えました。笑

なので今回はその辺りについて少し考えていきたいと思います。

文字数と内容ってどっちの方が重要?

ぼくはどちらかといえば内容派です。

というか、文字数はあまり気にしたことがない。

とりあえず何かネタが浮かんだら、そのネタに絞った筋を考えて、それに沿って書いています。

まあこの文字数or内容について詳しく考える前に、まず「これはwebページ」とgoogleで検索してみてください。


このページがトップで表示されると思います。

見ればわかりますが、このページは何の装飾もされてない、ただのhtmlです。

Javascriptはもちろん、cssすらまともに使われていません。

ちょっと詳しくみてみたい方は、右クリックしてChromeの検証機能からページのソースをのぞいてみてください。

わずか100行にも満たないただのhtml。

それが、シングルワードで検索の一位を飾っているわけです。

つまりこのページに書いてある通り、文字数とかseo対策よりもwebの本質は「言葉や情報」だということです。

情報があって、初めてseo対策が発揮される。

まあseoとかについて、詳しく知りたい方はこちらの記事で紹介してるサイトを読むといいでしょう。


あと、同じくらいデザインも大事。

言葉や情報もそうですが、他にも「読みやすさ」も重要な要素です。

ブログなりサイトなりを公開しているのであれば、あくまで読んでもらうことが目的ですよね。

であれば、居心地の良いサイトであった方がいいはず。

なので、ぼくはブログのデザインも良くいじります。

さて、文字数or内容についてですが、ぼくはどっちでもいいと思います。

web上にあまりない情報であれば文字数が少なくても刺さるし、文字数が多ければ一時的に検索順位が上だったりもします。

要は、「読んでもらうのを意識すること」、「きちんと情報を提供する」が大事だと思います。

まとめ。

軽くまとめてみましたが、正直この問題は記事の内容によっても変わってきますね。

ぼくはプログラミングとかweb系もいじるので、そのへんのことも書きますが、技術系であればほんとに情報があればそれでいいですよね。

むしろ文字数を多くしようとすると読みにくくなったりします。

逆に考え方とかの記事は、自分の考えを正確に伝えようとするので自然と文字数が多くなると思います。

でも、文字数を無理に多くしようとすると読みにくくなるのはどっちでも同じですね。

なので、ぼくは文字数に関係なく、情報や読みやすさ重視がいいんじゃないかなー。と思います。

この辺を意識しながらこれからも書いていきたいと思います。

では!
B! LINE