ゆったりとした花蓮の街と高雄の六合夜市【大学生の台湾一周旅②】

こんにちは。

1日目は羽田で夜を過ごし、朝に台湾へ移動するという慣れない行動だったので、台北についてからは割とゆっくり過ごしました。

とはいえ、一周のための期間はまるまる6日間。

たらたらしてる暇はありません。

この日は、一気に台湾の端から端へ移動します。

1日目はこちら。

羽田からピーチで台北へ。雨の九份で小籠包を食べる【大学生の台湾一周旅①】 - Movelog

2日目(花蓮、高雄)

台北

この日は朝からどんどん動きます!

台北駅で「TR-PASS」という、台湾の18切符的なものを買います。

これ、ネットで学割あるみたいな記事をみかけましたが、学割は色々あって使えませんでした。

TR-PASSについて、詳しくは別記事にする予定です。

*追記:こちらにまとめました。

学生用TR-PASSにISICカードは必要?格安で台鉄を乗り放題にしよう - Movelog

とりあえず電車に乗り、台湾一周の旅スタート!

最初の目的地は、台北と高雄の間にある花蓮です。

台北から花蓮までは、特急で3時間くらい。途中の景色はほとんど田舎の風景です。

花蓮


田舎の風景見せてもつまらないと思うので、いきなり花蓮の風景どーん!

最近地震があったので心配だったんですけど、たまに工事してるところがあるくらいで、全然そんな感じはありませんでした。

昨日の九份よりこっちの方が「千と千尋」感ありません?夜じゃなくて、昼の感じですが。


花蓮駅から歩いて30分ほどで海につきます。結構綺麗ですが、波が荒かったので、泳いでる人はいませんでした。

花蓮は街がすごくゆったりしています。リゾート感がすごいありましたね。

昼時なので道を歩いてるといい匂いがしてきます。

安くていい感じの店があったので、立っていたお兄さんに「空いてる?」と聞くと笑顔で「入れよ!」みたいなことをいってくれたので入ります。


とりあえず昼ごはん。小籠包なんですけど、皮が分厚くてちっちゃい肉まんみたいな感じ。

奥に見える赤いたれは辛いやつですが、ここのはちょうど良い辛さで美味しかった。お兄さん、ハオチー(美味しいという意味)!

今日は高雄までいく予定なので、3時くらいに出発。花蓮は一番好きな雰囲気だったので、今度ゆっくり来たいですね。

高雄

3時半くらいに花蓮を出て、19半くらいに高雄駅到着。

この日はMIDTOWNという、普通に泊まったら結構高いところなんですけど、直前だったので安くなりました。

以前18切符の旅した時の経験が役立ちましたね。

前日でも格安に宿を予約するコツ - Movelog

チェックインしてホテルに荷物を置き、夜ご飯を食べに夜市に行きます。

台湾では、夜市という出店がたくさんあるお祭り見たいなものがほぼ毎日開催されてます。


こんな感じ。夜市は街によって雰囲気とか結構違うんですけど、高雄の「六合夜市」は直線上に店が並んでいて、比較的落ち着いてます。

食べ物はソーセージ、唐揚げ、たこ焼き、海鮮などいろいろ売ってます。



とりあえず、食べたものの一部。上のソーセージは台湾独特の香辛料の香りがめちゃくちゃして、癖があります。

下の唐揚げは一枚のでっかい唐揚げだったんですけど、買ったときに食べやすい大きさにカットされちゃいました。

あと唐揚げの横にある謎の飲み物、「黒松沙士」。これはっきりいって、炭酸イソジン。もしくは炭酸シップ。

イソジンやシップのような、スースー感がめちゃくちゃあります。

最初は失敗したかな?って思ったんですけど、唐揚げを食べたあとにこれを流し込むと爽快感がすごいです。気がついたら全部飲んでました。笑

夜市を楽しんだ後は、宿に戻って寝るだけ。この日は台湾の端から端を移動したので、疲れました。

まとめ。

花蓮ほんとにいいところでした。すごくゆったりした街です。

地震の直後だったのでちょっと心配でしたが、なにもなかったし、今度はここに泊まりたいですね。

あと、高雄の六合夜市も直線上で綺麗。いい感じに写真撮れるし、夜市の中では比較的落ち着いてるのでオススメです。

確か、高雄の空港にも日本からピーチの便出ています。

今度はそっちを使って台湾に行きます。

次の3日目はこちら!

高雄の絶景・龍虎塔と台南の屋台飯【大学生の台湾一周旅③】 - Movelog

では。

コメント