PythonからいきなりRailsを勉強しよう。方法・計画を考える



こんにちは。

この2ヶ月間Pythonをなんとなーく勉強してきました。

んで、Pythonを勉強していくつか思ったのは、日本語の解説が少ない!

そして、Pythonでの仕事が少ない!

クラウドワークスなんかでプログラミング案件を調べても、出てくるのはだいたいRubyとかPHPです。

やっぱり、日本だと日本製のRubyが圧倒的に人気なんですかね。

解説や、入門用の記事も多いし。

んで、仕事とかインターンを探していても、Ruby経験者を募集しているものばかりなんですよね。

僕はもちろん、Python大好きです。書く量少なくて済むし、比較的簡単だし、その割にいろいろできるし。

だからこそ。

Rubyも一通りやって、「Pythonの方がこんなことできるよ。今からならPythonでしょ。」とかいってやりたいのです。

それぞれの強みがわかれば、きちんと使いこなせるようになれるだろうし。

(正直Pythonも便利なのはわかるけど、それ以外にまともに触れたことがないから何に向いてるとかがわからない。。)

それに、PythonとRubyどちらもできるよ!っての、かっこいいじゃないですか。

てくらいのくだらない理由で、ぼくはRubyを始めます。笑

PythonからいきなりRailsを勉強するには

ロゴが真っ赤なルビーだったり、キラキラしてますね、Rails。

また勉強計画とかを建てようかなーって思ったんですが、なんか軽く調べたらRubyってPythonと同じようにオブジェクト志向で、コンパイラ言語だそうじゃないですか。

だったら、触っていく方がはやいはず!

まあ、座学をひたすら進めるより、触った方が楽しいからなんですが。笑

ってことでいきなり、web業界でうわさの、大人気のRuby On Railsをやっちゃいたいと思います。

rails チュートリアル

基本の進め方としては、Djangoをやった時と同じような感覚。

公式のチュートリアルをやっていき、わからなければ徹底的に調べあげる。

それを、×2〜3回くりかえす。

この過程で、多分Rubyの基本文法とかにも躓くんで、その度に反復して叩き込んでいきましょう。

とりあえず、こんな感じで頑張って見ます。

こんな感じに、無謀とも思えることに積極的にチャレンジできるのも、独学ならではの楽しさですよね!

こういうことをやってこそ、経験値は積まれていくと思います。

1ヶ月後には、「Python、Rubyどっちにしようか悩んでる?おれはどっちも使えるけど?」ってドヤれるようになりたいです。笑

では!

コメント